はーぶがーでん

RagnarokOnlineの内容がちょっと多いと
言い張る不定期日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ハイプリ大地に立つ
PROFILE
お勧め品



ナチュラルミネラルウォーター (炭酸入り)
炭酸好きにお勧めです
サイト運営者の別サイト
LINKS1
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


<< 「経済予測脳で人生が変わる!」読了 | main | 「グーグル的思考」 読了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
「お金の神様 資産を守る、投資で儲ける!」読了
中原氏の、週刊現代の連載を纏めた本
とすると、もう古い内容では?という心配が出てくるが、
時事ネタはあくまで出発点。ケーススタディとして使っているだけの話しで、書かれている内容は明日からすぐにでも使えるものばかりです。経済をどう読むかという「考え方」を伝えているわけですから。
(4ページ)と、古くはなっていないとしている
また、さらっと読める本

章立ては
第1章 保険は掛け捨てで十分!
第2章 REITビジネスは終わった!
第3章 住宅ローンは借りるな!
第4章 毎月分配型は世界の非常識!
第5章 頭と尻尾はくれてやれ!
以下、読書メモ
1章19ページ
モノの値段は需要と供給で決まります。
当然の事を書いているように見えるが、筆者は「経済予測脳で人生が変わる」1-69ページで
マクロ経済学の理論が実体経済にそぐわないと思うのは、この「需要と供給」の考え方が、すでに現代においては通用しなくなっていると感じるからです。
 たとえば日本の消費者は、どんなに値段が高くても品質や付加価値、ブランド価値の高い商品であれば受け入れる傾向があります。値段が高いのに飛ぶように売れる商品も存在するわけです。
 逆に、どんなに値段が安くても、商品の質に満足できない商品は見向きもされません。売れない商品の値段をいくら下げたところで、現実は理論どおりに動かないのです。
と、この考えを否定している。執筆後に趣旨替えしたのかな
「経済予測脳で人生が変わる」は、「経済予測脳で人生が変わる!」読了で紹介済み

外貨預金について
1章24ページ
景気が若干よくなれば、欧米が政策金利を上げ出す。すると日本との金利差が開き、円安トレンドが始まる。そのときこそ出動のチャンスなのです。
まだまだ待ちの状態ってことですね

保険について(1章37ページ)
・貯蓄型商品には入ってはいけない。銀行預金で十分
・死亡保険は、家族でその人にしか収入がないか、未成年の子供がいる場合以外は不要
・医療保険は絶対必要

医療保険について(1章37ページ)
高額療養費制度のおかげで、月額約8万円を超える分は、最終的には自己負担しなくていい。要するに、その8万円に雑費を含めた10万円程度を、保険でまかなえればいいわけです。
ということで、興味が出て来た。ちょっと検討してみよう

2章86ページ
アメリカ国債の半分は海外投資家が買っていますが、日本国債は6%しか海外投資家に買われていない。危険だと見られているわけです。「アメリカが債務不履行を起こす」なんてバカな警鐘を鳴らすエコノミストがいますが、危ないのは日本のほうだと自覚すべきでしょう。
今後どうなるか、楽しみ

2章100ページ
私は四季報を「銘柄を選び出す」ためでなく、「銘柄をふるい落とす」ために使っています。気になる銘柄の財務状況をチェックして、倒産リスクを知る。儲けるためではなく、損しないために使う。

3章116ページ Q43「いつ資産を「外貨建て」にするべき?」
では、日本国債の格下げをトリガーとして円安が始まるとしている
そして
1ドル85〜80円のレンジで買い始め、80〜75円のレンジまで買い続ける。さすがに80円を割り込めば、政府の強力な為替介入があるはずですから、このくらいの余裕をもった運用が望まれます。
今日、80円を切ったが、今は買い時ってことか

3章155ページ Q60では、優待狙いの株購入について述べている
わざわざ割引券をもらうために、株価下落のリスクを背負い込む意味があるのでしょうか。
もちろん、そういうリスクと比べてもお得感のある優待もあります。例えばエステ企業のラ・パルレ。いま株価は6000円台ですが、1株で2万円相当の優待券がもらえる。
折角本書を読むのなら、ここは注意して読みたい
なぜなら、ラ・パルレは2010/10/05に民事再生手続開始を申し立て、2010/11/06に上場廃止となり、これをもって中原氏を攻撃する人がいるからだ
ここの文章を読む限り、後で株価が0円になっても、6000円で2万円の優待券を買えたことになり、悪い取引ではないと思う(優待が使えたかとかもあるけど)

4章162ページ Q62「絶対に買ってはいけない銘柄は?」では
企業年金の積立不足率が高い銘柄を挙げている

4章177ページ抜粋
長い目で見て、日立製作所は注目

4章223ページ Q88「環境バブルは’12年までに来る?」
残念ながら、「環境バブル」は棚上げになったと考えるべきでしょう。
以前の本で、環境バブルを押してたのに残念

メタンハイドレートについて
5章247ページ
注意点があるとすれば、中国やロシアが一緒に技術開発をしようと話しをもちかけてきても、絶対に相手にしないこと。彼らは非常にしたたかです。過去の歴史を見れば、彼らは平気で約束ごとを破り、日本の貢献度に応じた権益を認めずに、技術だけをもち去る可能性がある。

結構ためになったので、本書の、私の評価は
★★★★☆☆



私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(1) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
BURTON (2011/08/17 5:59 PM)
こんにちは。

海外オフショア投資を始めたばかりの若輩者です。始めてみると、どうして日本人はこんな優れたファンドにあまり投資していないのか不思議なくらいパフォーマンスは良好です。ヘッジファンドは空売りをしてでも資産を守る本質があるので、ベンチマーク運用のファンドマネジャーのように「相場が下がったから」という言い訳は通用しません。

問題はどうやって始めればよいのかわからない人が多いことでしょう。よく「香港へ行って海外口座を開き、信頼できるIFAに頼むのが一番」という業者がいますが、そんなのは嘘っぱち。この手の多くは無免許で営業する違法業者の可能性があります。

投資の入口は、ちゃんと金融庁から免許を取得した国内の投資助言会社に頼むのが一番(参考:「みんなの海外投資」―海外ファンド・ヘッジファンド購入で失敗しないためのノウハウ集(http://www.minkaigai.com/archives/category/anshin)。 積立投資なら月々5万円から可能です。海外ファンド投資は、これから日本人にも着実に浸透していくと思います。









url: http://herbgarden.jugem.cc/trackback/1225