はーぶがーでん

RagnarokOnlineの内容がちょっと多いと
言い張る不定期日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ハイプリ大地に立つ
PROFILE
お勧め品



ナチュラルミネラルウォーター (炭酸入り)
炭酸好きにお勧めです
サイト運営者の別サイト
LINKS1
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
科学】HIV患者の免疫細胞に、再び戦える力を与える方法が発見された
Medical News TODAYによると、HIV患者の免疫細胞に、再び戦える力を与える方法が発見されたとの事

Scientists in Canada and the US have discovered a method that apparently restores vitality to certain immune system cells that have become "exhausted" from fighting HIV, thus potentially restoring the ability of the infected person's own immune system to wage war against the virus.
(訳)HIVとの戦いで疲れた免疫細胞に活力を与え、再度戦えるようになる方法が発見された。

HIVの薬は高価であることが知られています。それは特許使用料が含まれているからです。
その為、使用料を払わない薬を自国で作るなどの事が起きました。
今ではそのような国に限って、安くした薬をオリジナルの会社が提供する事も増えた来たと聞きますが、一生薬を服用しつづけなければならない事に違いはありません。

今回の発表は、免疫力が回復するとの話しなので朗報ですね

情報源】
1)Scientists Discover Possibility Of Revitalizing Immune Cells Of HIV Patients2008/11/11
2)New Hope For HIV Treatment: Cells Exhausted From Fighting HIV Infection Can Be Revitalized2008/11/11
2記事とも同じ研究に対する記事だと思うのですが、違いがわかりません。
| herbgarden | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
科学】気になった話し 2008/08/03
気になった話しを纏めて紹介
1)太陽系には、まだ未知の惑星があるかもしれない
2)地球を通過する月を撮影
3)アポトーシスを停止させる薬が発見された
4)熱音響冷却
5)二つの構造が水を支配している
今日はこの5つ

1)太陽系には、まだ未知の惑星があるかもしれない
発表によると、この未知の天体は主に氷から形成され、直径は地球と同じ程度で、質量は地球の3割〜7割。海王星の近くで誕生したが、円盤物質の摂動力によって移動し、現在は80AU(約120億km)以遠と仮定されている。
80AU以遠に惑星があると仮定すると、惑星系の進化のシミュレーションがうまくいくという話し
情報源
理論予測、太陽系に未知の天体 | 太陽系 | sorae.jp2008/02/18

2)地球を通過する月を撮影

地球から約5000万kmの距離から、EPOXI探査機の大型望遠鏡によって撮影されたもので、地球の海や砂漠、月の大きなクレーターなどを鮮明に捉えている。
一般の人々が、宇宙からこの映像を見れるのはいつになるのでしょうか?
情報源
地球を通過する月を撮影 | 月 | sorae.jp2008/07/20

3)アポトーシスを停止させる薬が発見された
放射線自体は直接細胞を殺すことはなく、アポトーシスと呼ばれる細胞の死に方の一種を促すことによって、健康な組織を破壊する。
新薬「Protectan CBLB502」は、このアポトーシスプログラムをシャットダウンすることで、放射線から身体を守るようになっている。また、最悪いくつかの細胞が損害を受けてしまっても、それ以上増やさないように働きかけもする。
放射線が、細胞の役目を破壊せずにアポトーシスの促進を促すだけならこの薬は効果的でしょうが、細胞の役目が破壊されていた場合はどうなるのでしょうか?気になります
また、チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる |デジタルマガジンこちらにも興味を惹かれます
情報源
放射線を無効化させる薬 |デジタルマガジン

4)熱音響冷却
廃熱のエネルギーのうち、だいたい5〜10%が冷却のために再利用できることになります。

エネルギー効率が低いように思われるかもしれませんが、現在使われているほとんどの設備や機械は廃熱を捨てるために、別のエネルギーをつぎ込む二重投資をしています。室外機を冷やすために別のクーラーを使っているようなものです。捨てるだけの熱を、冷却に活用できれば無駄なエネルギー消費を抑えられます。もちろん、この装置を駆動するためのエネルギーもまったくゼロというわけにはいきませんが。
よく判らないけど、本物なら凄い
情報源
廃熱を音に変えてモノを冷やす、不思議な熱音響冷却 1/2 | WIRED VISION2008/02/15
参考情報
Thermoacoustics 試験管で熱音響

5)二つの構造が水を支配している

「水」は水素と酸素から構成される単純な分子でありながら、その性質は完全には理解されておらず、どのような構造を持っているのか、という謎解きがいまだに続いています。
単純に見えて実は難しい水
情報源
水に潜む氷の影−水の連続的な状態変化を唱えた常識を覆す | 独立行政法人 理化学研究所プレスリリース

画像は各サイトからの直リンクです
| herbgarden | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
科学】タイタンに、エタンの湖の存在を確認
NASAの発表によると、土星探査機カッシーニの観測データの解析から、タイタンに、エタンを含む炭化水素の湖の存在を確認したとの事


Image credit: NASA/JPL/Space Science Institute

この湖はOntario Lacusという名前で、2万平方キロメートルの広さがあるが、蒸発が進んでいるとの事

エタンは融点-183度・沸点-89度で、タイタンの表面温度は平均-179度・最高-99度との事なので、湖の存在には適温みたいです

画像はNASAからの直リンクです
情報源】
NASA - NASA Confirms Liquid Lake On Saturn Moon via タイタンには確実に湖が存在する | 土星 | sorae.jp
タイタン (衛星) - Wikipedia
| herbgarden | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
科学】火星探査機フェニックス、水の存在を確認
NASAの発表によると、火星探査機フェニックスが、火星の土を加熱し水蒸気の存在を確認したとの事
火星の土を掘り起こして、暫くしたら何かが蒸発した事が判った前回と違って、化学的な断定の模様です

情報源】
NASA - NASA Spacecraft Confirms Martian Water, Mission Extended
| herbgarden | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
科学】太陽系周縁部は球形ではない ふたたび
ボイジャー2号のTermination Shock(末端衝撃波面)通過により、太陽風の形が丸くないことが発表されたとの事

太陽系を囲む太陽風の形は丸くない | 太陽系 | sorae.jpなどで紹介されています

ん?既に通過してたんじゃなかったでしたっけ?

科学】太陽系周縁部は球形ではない2006.05.27
で、紹介してました。
Voyager 2 could pass beyond the outermost layer of our solar system, called the "termination shock," sometime within the next year, NASA scientists announced at a media teleconference today.
SPACE.com -- Voyager 2 Detects Odd Shape of Solar System's Edge23 May 2006
こちらもNASAの科学者が発表してます

同様な話しが、ボイジャー1号のTermination Shock通過時でもありました
ちなみに、ボイジャー1号のTermination Shock通過については
2003年に一度通過したのではないか?という議論が起こり
通過派と、未通過派に分かれていましたが、

http://www-pw.physics.uiowa.edu/space-audio/voyager/termination-shock/
によると
>The spectrogram covers an interval of three hours, from 18:00 to 21:00 on Dec 15, 2004.
2004年12月15日の18時〜21時のスペクトル写真をもって通過したという事を
NASAが支持したということです。
ボイジャー1号、新たな世界へ2005.05.25より

ボイジャー2号のTermination Shock通過の記事を、今回と前回で比べてみると
今回はNASAへのリンクがあり、NASAの公式発表になっていますが
前回は、NASAへのリンクがありません

良く見ると、
NASA scientists announced at a media teleconference today.
ん?どうやら前回は勇み足だった模様です
| herbgarden | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
<new | top | old>