はーぶがーでん

RagnarokOnlineの内容がちょっと多いと
言い張る不定期日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ハイプリ大地に立つ
PROFILE
お勧め品



ナチュラルミネラルウォーター (炭酸入り)
炭酸好きにお勧めです
サイト運営者の別サイト
LINKS1
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
”不合理だからすべてがうまくいく 行動経済学で「人を動かす」”読了
行動経済学の本
行動経済学の本をある程度読んで、そろそろ食傷気味
本書は、前書では、不合理の悪い点、今回は良い点を取り上げているとする

前書は ”予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (増補版)”読了で紹介済み

章立ては、
第一部 職場での理屈に合わない不合理な行動
 第1章 高い報酬は逆効果
 第2章 働くことの意味
 第3章 イケア効果
 第4章 自前主義のバイアス
 第5章 報復が正当化されるとき
第二部 家庭での理屈に合わない不合理な行動
 第6章 順応について
 第7章 イケてる?イケてない?
 第8章 市場が失敗するとき
 第9章 感情と共感について
 第10章 短期的な感情がおよぼす長期的な影響
 第11章 わたしたちの不合理性がおしえてくれること
以下、読書メモ
1章52
  1. お金を使ってやる気を高める方法は、諸刃の剣になるということだ。認知スキルが求められる課題なら、小額から中額の実績給を与えるのもいいだろう。だがインセンティブが大きくなりすぎると、そっちに気をとられて、報酬のことで頭がいっぱいになるかもしれない。これがストレスとなって、結果的に成績が下がってしまうおそれがあるのだ。
イケア効果が、感傷的な愛着によるものか、良いものだと自分を欺いていることによるのかの実験が3章125〜129で紹介されている
この実験によると、愛着を感じることによるとの事

5章197では、実験結果として、報復は、代理人だろうが依頼人だろうが、代償を払わせたいだけとしている
依頼人:その作業の元締め
代理人:その作業を行なう人
でいいのかな?

6章250
順応を活用して全体的な満足度を高めるために、お金をかける対象を、いつも触れる身近なものから、もっと一時的ではかない商品やサービスに移すのも一つの手だ。
これは意外。

6章では
苦痛は纏めて受けたほうが、断続的に受けるよりもマシで、快楽は纏めて受けるよりも、断続的に受けたほうがいいと紹介している。これは役に立ちそう

8章301
男女とも、スピードデートをしたとき、標準的なオンラインデートで会った相手よりも、バーチャルデートで会った相手の方を気に入った。じっさい、相手とふつうのデートをしたいと思った人の割合は、バーチャルデートが、オンラインデートの二倍にものぼったのだ。
8章303
独身者向けのオンラインデート市場は、人間に自然にできること、できないことを理解した上で、構築すべきだということになる。
8章は、オンラインデート市場に参入し、成功したい人であれば必読だろう。ユーザが相手を見つけて退会するのを成功だと祝えるのであれば。

10章では
感情的に決めた決定が、その後その感情がなくなっても引きずられると指摘
また、自己ハーディングは、類似の決定にも活発に作用するとの事

本書の、私の評価は:★★★★☆☆ 良書
読んでよかったか?:よかった



〇本書で紹介されていて興味をもった本
人間の喜びと経済的価値―経済学と心理学の接点を求めて (1979年)

流石に古いか?

私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
読んでよかったか?は、よかった、まあまあ、時間の無駄
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
「巨大災害の世紀を生き抜く」読了
タイトルに惹かれた
広瀬氏の2011年の新刊
個人として、生き抜くすべが書いてあることを期待したが、社会への提言という感じで、個人が即参考にできる記述は少ない。個人としてのすべがを知りたいのであれば、読む必要はない

章立ては、
第一章 二一世紀型の災害とは何か―原子力災害を経験して―
第二章 原子力発電所はなぜ事故を起こしたか
第三章 災害と情報
第四章 災害を乗り越えるには
第五章 三・一一の先にあるもの
広瀬氏の立ち位置として、
187ページ
このような済し崩し的な現状肯定は、政府のなりふり構わぬ原発災害の収束の単純なアピールにすぎない。きわめて無責任なポーズをとっているとしかいいようがないのだ。
というもの。これに強く違和感を覚える人は、本書の記述には同意できないだろう

以下、読書メモ

1章37ページ
「想定外だ」と人がいうとき、それが意味するのは「そういうことを考えたくなかった」ということでしかない。
2章67ページ
今回、福島第一原子力発電所の事故がレベル七と評価されるまで拡大したのは、原子力発電所は安全だ、という評判をなんとしても守らなくてはならないという大前提への執着が(それがすでに崩れていたにもかかわらず)、状況判断の正確さ、対応のスピードを損ねたためだと私は思う。
3章80ページ
また、予想したことのない出来事や、想像を超えた事象に遭遇すると、反射的に逃げ出すより、動けなくなってしまうことが多い。つまり凍りついてしまうのである。私たちはなかなか逃げない性質を持っているのだ。
この手の本ではよく言われていて、重要なこと

3章116ページ
日本の社会は、組織を作るとき、集団の等質性を重視してメンバーを選択する傾向が強い。企業が新入社員を選抜するときも、その人の能力そのものより、重視するのは仲間として一緒に働きたいと思えるかどうかであることが多い。そうした組織が好むのは、熱心な議論ではなく、全員一致の合意である。
 これが災害のような危機的な状況では裏目に出る。なぜなら、的確な状況判断と迅速な行動が何より求められるときに、人々が協調することばかり目指していたら、その集団はいつまでも決断ができず、ぐずぐずと迷っているばかりになるからだ。
「等質性を重視」するから「一緒に働きたいと思えるかどうか」が重要で、その結果「全員一致の合意」を好むという理解でいいだろうか?
「一緒に働きたいと思えるかどうか」だけでは、Googleも「そうした組織」に入ってしまうが、Googleが「全員一致の合意」を好むとは思えない

3章121ページ
被害状況をパニックという言葉で説明しようとする場面に出会ったら、原因究明を放棄し失敗をごまかそうとする動機が、裏に隠れていることを疑うべきなのである。
5章172ページ
すべての巨大災害、複合災害を少ない被害で乗り越えるためには、この本質的な脆弱性がどこにあるのかを知ることがまず必要だといえる。
 本質を見るということでいえば、一度にいろいろな事態が起こる災害の現場で、何がもっとも重要で、何は捨ててもいいかという本質を見抜くことが大切だ。
5章181ページ
幼稚園にいる自分の娘をそのままにして、母親がひとりで高台に逃げられるだろうか。病気の親をかかえた息子が、親をそのままにして逃げることは可能だろうか。愛他心を持つ社会的動物である人間は、そのような行為は不可能なのだ。「津波てんでんこ」はありえないと思う。
「津波てんでんこ」で助かったという意見が大勢の中、この指摘は考えさせる


個人が即参考にできる記述を求めて読んだので
本書の、私の評価は:★★★☆☆ 良書
読んでよかったか?:まあまあ



私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
「最少の努力で結果を出す超合格法」読了
「最短で結果が出る超勉強法」の続編です
改訂版ではないと、188ページで明言しています
最短で結果が出る超勉強法は、「最短で結果が出る 超勉強法」読了で紹介済み

今、どちらかだけを読むのであれば、続編扱いの本書よりも前著の方が無難だと思いますが、そんなに時間が掛かるものでもなく、時間対効果は悪くないので両方読みましょう

章立ては
第1章 単なる「受験勉強」と「合格勉強」の違い
第2章 あなたが今やるべき「合格法」とは?〜環境整備編〜
第3章 あなたが今やるべき「合格法」とは?〜学習実践編〜
第4章 効率的に「合格」するための最強テクニック集
第5章 試験当日に失敗しないためにやっておくべきこと
第6章 合格をより確実にするためのアイテム選び
参考になった記述は以下の通り
・過去問を、直前の力試しの為に封印するのは、散々な結果だったら取り返しがつかないのでナンセンス(2章33抜粋)

・ある程度予備知識がある場合、第一にすべきことは過去の本試験問題を時間を計って解いてみて、合格最低点との差を残された時間で埋めていく(3章79抜粋)
更新性の資格なら、これは有用か?

・英語の学習にはキンドルがお勧めだが、TOEIC高得点を目指すなら、TOEIC形式の問題集を解くのが一番(4章121−125抜粋)
・学習参考書も、初歩から勉強しなおす必要がある場合は悪くない候補(4章127抜粋)

・本は、事前に3分ぐらいでパラパラ眺めてから読み始めると読書効率が上がる(5章149抜粋)

気になったお勧めアイテム
・モノクロレーザー複合機 brother DCP-7030
 複合機があれば、受験に便利。これは前も言っていた
・マルマン A4・30穴ダブロックメタルバインダー
・マルマン A4 50枚パック L460F
 100円ショップのものは余計な時間を使ってしまうので高く付くとのこと

・Forcus CD
・3Dリアル自然音「森の静けさ」(ビクター・エンタテイメント)

本書の、私の評価は:★★★★☆☆ 良書
読んでよかったか?:よかった



〇本書で紹介されていて興味をもった本
大学受験の基本英文だが
ドラゴン・イングリッシュ基本英文
 

私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(0) | trackbacks(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク
"起床術 どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ"読了
まさに、「スッキリ」と早起きする方法を求めて、本書を読んだ
本書を手にするのであれば、起床に悩んでいるのだろうから、具体的な方法が紹介されている5章6章を読んでから1〜4章を読むことをお勧めする

章立ては、
プロローグ 起きられないのは・・・
第1章 眠ればいいというわけではない〜目覚めに関する基礎知識〜
第2章 起きベタには十のタイプがある〜起きられない原因はいろいろ〜
第3章 起きられないあなたの原因を探る〜タイプ判定〜
第4章 起きられない悪習をもとから断とう!
第5章 これで成功!目覚めすっきりの朝〜入眠・起床テクニック編〜
第6章 快適な起床のための必須十ヵ条〜今日、好きな時間帯からできるセルフチェック術〜
以下、読書メモ

4章107ページ
やることが多過ぎて睡眠時間を確保できないのなら、作業や習慣を「捨てる」ことを検討してみよう。ライフスタイルをシンプルにすることで睡眠時間を「作る」のだ。
 まずは毎日の生活でやっていることと、その所要時間を紙に書き出してみよう。本当にそれは必要なことなのか、そして、はたしてそれら全てが、脳やカラダの休息に必要な睡眠時間を削ってまで必要なことだろうか?
本当に必要な事なのか?と言われると…
ネットも不要、アニメも不要、恐らく読書も不要…
言うのは簡単だけど、それを実行すると何のために生きているのか?と言いたくなる

4章113ページ
眠りを誘うメラトニンは、光を浴びてから十四時間たたないと分泌されず、逆にその二〜三時間前はもっとも眠くない時間帯なのである。
(中略)
実は<早寝>より早起きのほうが簡単で実効があるのだ。
早起きをしたいので本書を読んでいるのに、簡単として片付けられてはたまらない。本書を読めば簡単というのであればいいのだが・・・

4章136ページでは、パソコンやテレビのモニターの光は神経を興奮状態にさせるので、寝る三時間前には切っておくとしている。読書だけで過ごせとでもいうのか?

5章ではいろいろな眠りを推進する方法を紹介している
5章161ページでは、ビタミンB12を
「体内時計故障型」の治療にも使われている、体内時計の調子を整える物質
と紹介している。サプリ好きとしては試してみたい

6章213ページでは、ベットは体が必要以上に沈みこまないものを選んだ方がいいとしている。買い替え時の参考に

6章214ページ
就寝前四時間のカフェイン摂取を避けるべき
結構前から避けなければいけないんだな

本書の評価は、5・6章が自分に合うかによると考える
本書の、私の評価は:★★★☆☆☆ 悪くは無い
読んでよかったか?:まあまあ

2004出版で、読んだのはこっち

2010年出版の文庫版

私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
「災害で活躍する乗物たち」読了
フルカラーの本で1000円は安い
311で発生した災害に対して、自衛隊や米軍などでつかわれたビークルを紹介していて、多くの種類の乗物がどのように活躍したのかを知ることができる

章立ては
第1章 航空自衛隊の支援ビークル
第2章 海上自衛隊の支援ビークル
第3章 陸上自衛隊の支援ビークル
第4章 米軍の支援ビークル
第5章 海上保安庁のビークル
第6章 警察・消防のビークル
第7章 災害で活躍する航空機
第8章 災害で活躍する船舶
第9章 陸から支援するビークル
乗物系の本は、幼稚園児や小学生にも人気だと思うが、本書では振り仮名がないのが残念

また、著者は、軍事系のフォト・ジャーナリストと紹介されているが、そんな著者でも
86
撮影高度65,000ftは衛星より低いので、画像は衛生写真より高解像度です。
と、衛星を衛生と間違えている点に興味が惹かれた。

後、
92
突然の攻撃やテロで人が避難する際は、パニックで交通事故や引きこもり事例が多く発生します。
その手の本だと、パニックは起こりにくいとされているので、この記述は興味深い。
引きこもりは、現状否認としての行動なんだろう

本書の、私の評価は:★★★★☆☆ 良書
読んでよかったか?:よかった


私の、書籍の評価は6段階で
☆☆☆☆☆ 駄本
★★☆☆☆☆ 暇つぶし程度に
★★★☆☆☆ 悪くは無い
★★★★☆☆ 良書
★★★★★☆ お勧めします
★★★★★★ 負けました
としています
| herbgarden | IT・PC以外の本 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
<new | top | old>